【英語関連雑記】英語学習と単語の蓄積(基本的な単語帳から)【私の体験を踏まえて考えます】

英語を学ぶ二人 英会話
PIXABAYより引用

(文章での)要素としての単語

言うまでもなく、単語は英語の文書を形成しています。ネイティブの人々が単語をいくつか連続で発音しますので、発音されて使われる時には個々の単語は見え難くなりますが、そのタイミングでは話者の頭の中で夫々の単語が結びついて意味を成す塊(かたまり)になっていると考えられます。あくまでそれぞれの単語に意味があって文章の中で役割を果たしています。文章を記載してみればそれは明らかです。個別のアルファベットの組み合わせで英単語は成り立ち、空間(ブランク)で区切られて次の単語が記載されます。単語は文章の要素なのです。

単語について学ぶ意義

子供が英語を親御さんから学んで理解を進めていく場合も物の名前を初めに教えます。ママ・パパ・私(〇ちゃん)という大きな対象から学び始めて段々に物の名前から理解、使用していくのです。外国語を外国人が学ぶ時にも、同じような順序で学んでいきます。先人が作り上げた体系に従い名詞・動詞・副詞・形容詞…と蓄積されていくのですが、これらを関連して各人の頭の中で再構築しないと頭の中に蓄積されていかないと共に大事な場面で瞬時に出てこないのです。細切れの知識の積み上げは英語を話す人と同じような体験に思えますが、彼(彼女)らが母国語を駆使する際にも文法以外に日常の色々な場面で「考え直す」場面があって母国語を何時も磨き上げているのです。また、ニュース・知人との会話・自分の勉強の中で沢山の英単語が入り込んできていて、それに匹敵する単語の流入を外国語の(初段階の)学習者が再現出来るはずがないのです。そこで、留学に出たりオンライン英会話で沢山時間をとったりして沢山の単語の流入環境を作ります。

単語の体系化

単語を沢山覚えていく高校の段階を先ず想定してください。そして、その時に一定量のボキャブラリーが満足できているかを考えてみて下さい。端的に言えば高校時代に英語の勉強が不足しているとそれを補う必要があります。社会人になってから覚え直す時には不足している程度や分野に応じて単語を覚えていかなければいけません。単語が無ければ会話が成立しません。単語だけ覚える時に覚え方がある訳ですが、例えば目標を定めて特定の単語帳を使っていくのです。その単語帳を完全に覚えるか8割がた覚えるかで難易度が変わります。ABCD…・の順で覚えていくか自分が関心のある分野から覚えていくか、各人の課題設定に応じて勉強していきます。課題をクリアできたか出来ないか数週間ごとに自己テストしてみて出来るのであれば難易度を上げていきます。単純な作業ですが目標設定と学習レベルで難易度が人によって大きく違います。

単語の覚え方(参考図書)

先ず、お勧めの図書を列挙します。

英単語ターゲット1900 6訂版 @旺文社・大学JUKEN新書
>>シンプルですが例文のレベルが高いです

システム英単語<改訂新版> @駿台受験シリーズ
>>超初心者にはお勧めしません。フレーズで覚えます

単語王2202@オー・メソッド出版
>>早慶レベルまで考えている。挫折する危険を覚悟しましょう

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ朝日新聞出版
>>レベルごとに学習する。資格試験向けに特化している点に注意です。

昔からの定番や試験に特化したものまで色々と出版されていますが、どれも良書でよくまとまっています。簡単な特色を記載したのでご参考にして下さい。英単語の本は好みが分かれるとも言われていて、第一印象で好きになれない本は最後まで使えない時もあるほどなので、出来るなら実際の書店で同じレベルの学習者と語りながら選んでいく事をお勧めします。とはいえ、実際には役に立つ本ばかりだと言えますので何とか選んだ一冊を読みこなす力をつけて下さい。英語学習の基礎となる部分です。

単語力の増強方法

高校レベルの基礎学力に自信のある人はあえて単語に時間を使わないで全体の問題を解いていく中で文章の中で調べなければわからない新しい単語を学んでいきましょう。単純な方法として歌の歌詞をLyricと入れてみて検索してください。歌の歌詞は単純な言い回しが多く、新しい歌で近代的な言葉を知ることも出来ます。また、私は学生時代に科学論文を原文で読むことを心がけていて新し言葉とそれに付随した新しい概念を徹底的に覚えていきました。その単語は今でも覚えていて議論する時の道具となっています。皆さんも夫々の目標に向かって向上するための道具(例えば英単語です)を身に付けて下さい。

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は 以下アドレスまでお願いします。 この頃は全て返信できていませんが 全て見ています。適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

・スキル関係へ

・新社会人の方へのメッセージ

コメント

タイトルとURLをコピーしました