【英語関連雑記⑤】英語学習と効果測定【体験を踏まえた方法論の考察】

英語を学ぶ二人 まとめ改訂
PIXABAYより引用

効果測定の必要性

英語学習をしているとその作業に疑問を感じて不安になる時があります。そんな時に実際の作業ごとに何をしていけば自分に合った勉強法が出来ているのか確認すると良いでしょう。可能はあらゆる手段を使って自分が使ってきた時間の意味を考え直していくのです。自分が変化していると感じることが出来れば、学習を続けるモチベーションになり尚更、学習に没頭していくことが出来ます。特に社会人の学習者さんは時間を少しでも学習に費やす為にどういったやり方が効果的かいつも考えなおさないといけません。

自分テストでの効果測定

思いついた時点ですぐに作業をすることが出来る方法が自分でテストをしてみるやり方です。正しく英語表記の綴りを覚えられてか不安な時は書き出してみるのです。本当に記憶が定着しているか確かめるために、別の作業をしてた後に作業をすることをお勧めします。例えば「アクセサリー」という綴りを確認したい時にはどこかにメモで「アクセサリー綴り」と書いておいて、文法の確認作業をした後に「Accesso…」と書き出して試してみるのです。メモを数日後に見返して試してみることもお勧めします。単語カードに書いておくのもよいですね。自分に合ったやり方で工夫してみましょう。

所属スクールでの効果測定

高校生であれば高校の先生か家庭教師に、大学生や社会人であれば英会話などのレッスンや街でであう外国人に向けて、あなた身につけたスキルを試してみましょう。スキルの蓄積とその修正が重なればあなたを見る周囲の目も違ってくるはずです。当然、あなたもより高度なやり取りが母国語で出来るようになり、交際の密度と情報交換の内容が充実してきます。当然、学習手段の修正も出来てきますしアドバイスも多く得られるでしょう。

民間他団体での効果測定

特に社会人は英語に触れる機会が減っていく人が多数です。意識して機会を作るようにしてください。お勤め先で社内英会話などやっていたら参加してください。社内他部署の人々との交流も生まれます。オンラインで機械を作る時間も有効です。オンラインサロンやコミュニティーに参加するのも良いかもしれません。英会話教室に通うのも効果があるかも知れませんですあなたに適した方法を考えてみてください。ネイティブに学んで発音を磨きたい場合などがありますね。

ネーティブに語る効果測定

最後は英語を現地の人にストレスなく会話をしていき、意思疎通できるようになります。英語圏の人と言っても幅広くアメリカ人、イギリス人、フィリィピン人、オーストラリア人、マレーシア人、、、色々な人がいます。あなたが将来、どんな国の人と会話をする機会を作るか想定して、その為のスキルを高めてください。その瞬間があなたの学習の最終テストです。貴方が培ったスキル(英会話スキル)を駆使して現地の人々と意思疎通をしていってください。

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は 以下アドレスまでお願いします。 この頃は全て返信できていませんが 全て見ています。適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

・スキル関係へ

・新社会人の方へのメッセージ

コメント

タイトルとURLをコピーしました