将棋界でのAI【評価放送という新しい中継スタイル】

未分類

将棋界を変えているAI

(2024/4/9改訂)電気、インターネット、AIと時代を変えるインフラが登場します。株式市場が過剰に反応したり。そんな中でAIで世界がどう変わるか不確実な前提で議論が進みます。稼働エネルギーの問題、Googleやアマゾンの思惑、教育の現場での問題解決が大事ですね!!

電王戦では評価放送という新しい中継スタイルが取り入れられました。色々な局面での状況を数値化するのです。評価放送は、将棋の中継において新しいスタイルを導入したものです。通常の将棋中継では、コメンテーターが局面の評価や手筋を解説することが一般的ですが、評価放送ではその解説に加えて、コンピューターソフトウェアによる局面の評価値を視聴者に提示します。

この評価値は、通常は将棋ソフトウェアが用いる「平手初期局面からの評価値」を基準として、その後の局面の評価を示すものです。評価値がプラスの場合は後手に有利な局面、マイナスの場合は先手に有利な局面とされています。

これにより、視聴者は評価値を見ながら、
プロ棋士の手筋や指し手の優劣を理解することができます。

評価放送は、将棋の中継においてコンピューター解析を取り入れた新しい試みであり、視聴者にとって将棋の理解を深める手助けとなることが期待されています。

棋士が享受できるもの

そもそも、AIの登場で将棋研究そのものが進化しました。指し手での弱点は即座に指摘、改善されていきます。例えば、棋士は自分の指し手を想定してシミュレーションする事が出来ます。

将棋の研究や指し手の分析が大きく進化しました。AIは高度な計算能力と広範なデータベースを活用して、膨大な数の局面を評価し、最善手を見つけ出すことができます。そのため、将棋のプレーヤーはAIから直接的にフィードバックを受ける事ができます。

また、即座に

フィードバックを得ます。

具体的には、将棋のプレーヤーは自分の指し手をAIに解析させることができます。AIはその局面での最適な手を提案し、プレーヤーがその手の良し悪しを理解する手助けをします。

また、AIは指し手の弱点を即座に指摘し、改善点を示すことができます。これにより、将棋のプレーヤーはより効果的に自己改善を図ることができます。

AIのアドバイスですね。

さらに、AIはシミュレーションや局面の解析においても有用です。将棋のプレーヤーは、AIを使用して自分の指し手や戦術をシミュレーションし、その結果を分析することができます。これにより、プレーヤーは自分の戦略やアプローチを改善し、より強力な将棋のプレーヤーになることができます。

AIの登場により、将棋の研究や指し手の分析はより精密かつ効率的に行われるようになりました。これにより、将棋のプレーヤーはより高度な戦術や戦略を習得し、より高いレベルのプレーを実現することができます。

個性が消えていく悲しさ

従来の戦法がAIで研究されています。それだから同じ戦法が使い難くなってきてます。AIは膨大なデータから学習し、最適な解決策を見つけ出しますが、その過程で人間のような個性や創造性は持ちません。

従来の戦術はしばしば棋士の経験や洞察に基づいていましたが、AIによる戦術は客観的であり、個性や創造性が欠如しています。

そのため、AIによる戦術はより予測可能であり、個性的なアプローチや意外性が少なくなる傾向があります。

AIの戦術が個性や創造性に欠けるという点については、以下のような考察があります:

直感や感覚に基づく手法の不在:

人間のプレイヤーは、直感や経験に基づいて手を選択することがありますが、AIはそのような要素を持ちません。AIはプログラムされたアルゴリズムに基づいて動作し、直感や感情に頼ることはありません。

革新性の欠如:

AIは通常、学習データやプログラムされた知識に基づいて行動しますが、新しいアイデアや革新的な手法を生み出す能力は限定されています。それゆえ、AIの手はしばしば過去のプレイやデータに基づいているため、新奇さや個性的なアプローチが欠けることがあります。

以上のように、将棋AIの戦術は客観的であり、個性や創造性が欠如しているという指摘は一部当てはまりますが、その背後にはデータや計算に基づく合理的なアプローチが存在しています。

そしてAIは

ミスが少ないです。

AIで悪さする棋士

「カンニング指し」という言葉があります。オンラインでの勝負でAIを活用して自分の手を考えていくのです。ズルいですね!!

将棋の対局なのだから、必ず人間同士の知恵の勝負だと考えたいですね。VRゴーグルの使用であれ邪道だと思います!!

ただしAIを学ぶ学生さん同士が各自のAIを駆使して勝負をするのであれば人の知恵同士で勝負を繰り広げている気分になれます。

この場合も将棋そのものの理解は深まりますが
個性の無い勝負となってきてます。それは仕方がない。

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
適時、返信して改定をします。

nowkouji226@gmail.com

また、この記事はChatGPT社のOpenAI
の情報を参考として作成しています。

全体の纏め記事へ】

雑記の纏め記事に戻る

Python学習での情報まとめ

テックジムまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました