すぐに飾れる胡蝶蘭について考えてみました【花の産地・性質・育て方】

Credit;WhiteRainforest 素敵な暮らし
Credit;WhiteRainforest

胡蝶蘭に惚れた私

街中での胡蝶蘭

胡蝶蘭のりりしく立つ姿、そのインパクトは他に類を見ません。何よりいろいろな色があり選べます。加えて、日本でお祝いをする時に胡蝶蘭を贈る習慣が根付いているので街中での風景で胡蝶蘭が飾られているだけで「お祝いなのだな!」と分かる風景に様変わりするのです。

昔からのお祝いの定番・胡蝶蘭

胡蝶蘭は昔から送られています。私が生まれる前から使えていた贈り物です。現実にあった話かどうかは別として、時代劇の中で将軍に子供が出来た時に広い部屋の奥に胡蝶蘭が置いてあったりしても何ら違和感がありません。私が時代考証をする必要はありませんが、昔からお祝いには胡蝶蘭が使われてきたのだというお話をしたかったわけです。

JessicaKnowlden

JessicaKnowlden

胡蝶蘭の生い立ち

胡蝶蘭の産地はフィリピンやタイの南部の東南アジアです。先ほど胡蝶蘭が昔からあると書きましたが、産地の事情から貿易が当たり前になった時代以上に胡蝶蘭は日本に根付いています。そして何より、日本の環境では胡蝶蘭は年を越せません。そんな生い立ちを持った胡蝶蘭だから寒さや乾燥に弱いのです。

胡蝶蘭の好む環境

胡蝶蘭の好む環境は暖かい温度と湿気の多い環境です。気候区分で言えば高温多湿気候で自生し繁殖している植物なのです。花の色は色々で豪華ですが、その色も鮮度も環境に合わなければどんどん色あせていきます。そうした当たり前の変化を胡蝶蘭を扱う業者は熟知していて、季節ごとに花の鮮度を最適化して出来るだけ花を長持ちさせる仕組みを提供しているのです。胡蝶蘭を育てている温室を使って環境を作り【湿度70%〜80%程度、遮光した天井から適切に日光】出荷まで育てます。同じことが誰にもすぐに出来るかと言えば出来ません。それだから胡蝶蘭の価格は比較的高価になってしまい、豪華な印象が強まるのです。

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭は高温多湿の環境を好みます。ご説明した類の種類の植物だからです。胡蝶蘭が望んでいる環境を用意するために使われている方法としてピートモスのような(または特殊なスポンジのような)湿り気を保つ材料を花の近くに配置して湿り気を保ちます。多くの植物のように根から水を吸収するよりも、胡蝶蘭は葉や花から空気中の水分を吸収しているからです。胡蝶蘭がある場所付近の温度・湿度・通気性を保つことは胡蝶蘭の命を少しでも伸ばすことに繋がります。今度胡蝶蘭が飾ってある時があれば見てみて下さい。様々な仕組みを使って胡蝶蘭は湿度を保とうと工夫されている筈です。信頼できる店に発注してみて下さい。

JosephVary

JosephVary

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました