エックスサーバードメイン_国内最速_使いやすい_ドメイン無料時もあります

エックスサーバー
エックスサーバー

↑Credit:Pixabay↑

エックスサーバードメインは国内最速

ブログ運営をしていく上でサーバードメインは不可欠です。

私も使っています。

サーバーを選ぶ基準としてはディスク容量と通信速度が大事ですが容量は契約縛り、速度は性能縛りだと考えられます。サーバー会社が用意しているサーバーパソコンの性能とそこでの処理ソフトが大事です。エックスサーバー・ドメインは要求した作業を快適に処理してくれます。

色々キャンペーンを打っていて、時期によっては
ドメイン無料のタイミングもありますよ。


先ずは覗いてみて下さい。チャンスは逃すな、です。

 

 

 

 

 

経済産業省のお墨付き

エックスサーバーを運営しているエックスサーバー株式会社さんは、2022年の4月に、
経済産業省より「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」として認定されています。

【以下4行・同社HPより引用】

「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度とは
中小企業者等の生産性を高めるためのITツールを提供し、
導入から実運用を支援する企業を、「情報処理支援機関」として認定する制度です。

 ◇経済産業省公式サイト(外部サイト)  」

時代を感じさせるニュースですし、エックスサーバーでサーバー使っている私も、より安心感が増しました。末永くお付き合いをしていこうと思います。

独自ドメイン(エックスサーバードメイン)の利点

エックスサーバー・ドメインのもう一つの利点は「垢バン」が無いことです。ブログを資産と考えたら垢(アカウント)ごと消されてしまう事態、「垢バン」は避けたいです。

そもそも私は昔、ヤフーブログを運営してました。

ブログ作成を学んでいくといった点では大変有益だったのですが、ヤフーのサービス中止にがっかりした思い出があります。地道に作ってきたブログが突然無くなり、どうしようもなかった。「スキル向上」の利点は残りましたが画像情報は消えてしまい、細かい点も思い起こせません。思い出と言えば思い出で、無駄ではないのですが心の資産で終わっています。

その反省を踏まえ、今では無料サービスと平行して
エックスサーバードメインでワードプレスを運用してます。

データの国別分析とか楽しいですよ。お試しあれ。

Xserverドメイン

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
返信しきれない部分はありますが、
全て見ています。
適時、内容改定をします。

nowkouji226@gmail.com

PC関連の纏め記事へ
旧サイトでの纏め記事へ

【改訂履歴】ブログ運営・サイト内容の検証・日々の更新方針について再考再考
私のブログでのNoIndex問題について【他、具体的に残す記事の記録】
車の助手席に乗せられる電動バイク【Aioon(アイオーン)】のご紹介
【ロリポップから】ブログ収益化・副業のスタートパックのご紹介(問題先取り)
ベルロード(Bell Load)サブスク婚活おすすめ【キーワード再考】
 

 

タイトルとURLをコピーしました