【動画編集はもう古い?】動画編集_隙間時間で副収入【クリエイターズジャパン】

↑Credit:Sam Moqadam@itssammoqadam↑

動画編集はもう稼げない?

結論から申し上げると、まだまだ動画編集で稼げます。動画編集は新しい働き方で2022年8月時点で動画編集の市場は成長中です。需要はますます伸びています。また、YOUTUBEやTick Tockなどのサイトは活況です。市場は膨らみ動画編集者は増えてますから、要求は益々細分化され特化出来る仕事内容は増えています。不安材料としては後程ご説明していく幾つかの要因がありますが、稼げる余地がある仕事だと断言できます。

動画編集というお仕事

 

コロナで皆さん苦労しています。

そして正直、副収入欲しいですよね。

 

外出する時も気を使って大変だから、日々のお買い物でさえも大変。そんなコロナ環境の中でニーズが増えてきている、一つの特技として動画編集があります。自宅で過ごす時間が多くなりネットで時間を沢山使っているので動画のニーズが高まってきているのです。そうした流行にのって、空き時間を使って新しいタイプのコンテンツを作っては如何でしょうか。

動画編集での収入目標

新時代に注目のスキルです。とても気になりました。

改めて色々なサイトを覗いてみると実際に「月収百万円」を目標にできるようです。もちろん様子を見ながら段々に専業の動画編集者となった時を想定しています。簡単な一日2時間の作業で直ぐに、とかって話はサギです。一般サラリーマンからしたら非現実的な月収なのですが、努力次第でセンスを磨けたら実現できるようです。求められるものは時間とセンスです。センスは磨いて身に着けられる物です。身につけてしまえばスキルとなります。動画を作る側になってみたら求められる姿が分かって来るはずです。

動画編集に向いている人・いない人

具体的な作業の説明をする前に、動画編集に向いている人を考え直してみたいと思います。仕事ですから、正直な話として向き・不向きがあるのです。

まず、動画編集に向いている人は抵抗なく新しい事に取り組める人です。クラウドソーシングなどのフリーランス市場やSNSなどで営業をしていき動画編集の仕事をしていきますが、そうした事をしていくには新しい出会いや挑戦が次々に出てきます。そうした作業が苦手な人にはお勧めできません。

具体的に考えていくと向いている要素と仕事

・コツコツと物事を積み上げて完成させる人は動画編集に向いています。

作業には単調に思える時もあるでしょうが、仕事として完成させる為には積み上げる作業が必要です。コツコツと細かい作業を完成させていき、全体の動画を完成させてください。

・芸術が好きで表現をしていく事で話を広げる人は動画編集に向いています。

面白そうに仕事をして、なおかつ顧客の満足を得るには芸術的な感性がある人が向いています。ただし、感性を押し付けてはいけません。上手く表現しましょう。なにより、見せ場へと導く動画構成で感情面での起承転結を上手く表現してください。

・人の笑顔が好きな人は動画編集に向いています。

発注者の満足を得ることも大事ですが、何よりネットで動画を見る人が満足できるような動画を作る仕事が求められるからです。動画を見て視聴者が満足して、喜んでいる姿が編集作業の最終目的です。そうした人の気持ちが分かり、楽しくさせる作業が好きなら動画編集が向いています。

具体的に考えていくと向いていない人は

・コミュニケーションが苦手な人は動画編集に向いていません。

発注者が望む動画を理解して作り上げる仕事が求められます。各種の条件や作成する時の理解にズレがないか確認して評価をもらいながら完成させていきます。打ち合わせが少ないのであれば想定される質疑応答を整理してメールや電話を使って確認して下さい。そうした確認には最低限のコミュニケーション能力がないといけません。コミュニュケーションは重要です。

・徹底的に自分勝手な人は動画編集に向いていません。

コミュニケーションスキルにも関係しますが、話を聞いているフリだけしていても自分勝手な解釈は困ります。コミュニケーションをとって出来ることと、やりたいことを上手く伝えていき動画作品を作り上げてください。当然、上手く意思疎通が出来ている人は評価される訳です。

途中で作業が嫌になる人は動画編集に向いていません

仕事として一つの形に仕上げる作業が動画編集には求められます。完成度があまりに低い人は動画編集に向いていません。求められている完成度を過不足なく提供できる人が求められます。仕事を始めたばかりの人は過剰サービスになるくらいの完成度が望ましいです。

具体的な動画編集での作業

 

どんな物が求められるか考えてみてください。

具体的には、次のような作業があります。

・カットを適切な時間でまとめる(時に早送りを含める)

動画全体の趣旨をつかみ、大事ではない部分や不適切な部分をカットしたり早送りしたりします。早送りを含める事も出来ますが、今どきは動画を早送りで見る人が居るので余り早送りが多過ぎると早送りで再生した時に全く聞き取れなくなります。

・テロップ/効果音/BGM/強調画面といった効果を挿入

動画が伝えたい事を明確にする為に文字を入れたり、場面効果音を入れて盛り上げたりします。また、場面に合った音楽を入れるやり方も映画やドラマを見ている感じになって良いです。

・色の効果を検討する。(明るく/暗く/色柄を変える)

使われる場面に応じて背景残全体を暗めや明るめの色にして効果を出します。動画を見る時の効果を感じて下さい。昔話なら「モノトーン調」で動画が流れるとみている人はストレスがありません。

・可能であれば周波数域でノイズ除去作業を織り交ぜる

音声に雑音が入っていると動画が台無しなのでノイズが取れる条件であればノイズを取る作業は必須です。動画のクォリティーをあげましょう。

可能であれば動画の発注者になりましょう

動画の編集が分かってきて、請け負う仕事の量が増えてきたらコツを伝えながら外注して仕事をしていくことも出来ます。貴方自身の作業時間は限られていますが効率的に動画作業をしていく時間は他人でも良いのです。あなたがノウハウを培い他者を巻き込んで収益集団を作ることも夢ではありません。

人気が出てきているスキルなので、身につけて損はないと思います。

貴方の時間を無駄にしないで下さい。

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

以上、間違い・ご意見は 以下アドレスまでお願いします。 最近は全て返信できていませんが 読んでいます。適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

旧サイトでの纏め記事に戻る】 【PC関係】

【改訂履歴】ブログ運営・サイト内容の検証・日々の更新方針について再考再考
【英語関連雑記】英語の歌まとめ【私的な思い出整理と英語学習での効果の考察】
【英語関連雑記】英語学習と思い込みの欠点【私の思い出話(体験談)】
【英語関連雑記】英語学習と過ち【私の思い出話(体験談)も交えます】
車の助手席に乗せられる電動バイク【Aioon(アイオーン)】のご紹介

タイトルとURLをコピーしました